原因が分からない口臭。持病の一つと思って向き合う

私がはじめて自分の口臭に気づいたのは中学3年生の頃だったと思います。朝起きた布団の中でするあくびや、本を読み終わった後についたため息など、漂ってくる自分の息がとても臭いんです。

自分の口臭に気づくもこれといった改善法がわからずいろいろ試す

生ゴミが腐ったような、ドブのような、とにかく不快な匂いです。気のせいかと思っていましたが、気にすればするほど確信に変わりました。むしろ何で今まで気付かなかったの?というくらい。

それまでも友人との会話の中で「自分の口臭が気になったことない?」といった内容の話になった事がありました。きっと直接は言いにくいから遠まわしに私に気づいて欲しかったんだな、と今となっては解ります。

しかし当時の私は気づいた所でどうしたらいいかも解らず、親にも恥ずかしくて言えなかったのでどこかで聞いた緑茶が効く、という言葉を信じてひたすら熱い緑茶を飲むようにしていました。

授業が終わるたびにお茶ばかり飲んでいたのでトイレが近くなって大変でした。その後、高校を卒業し社会人になってもこれといった大きな改善もなくその方法も見つけられず、試行錯誤の状態が今でも続いています。

ネットの口コミや、店頭で見かける口臭に効くと書かれているものは片っ端から試してみましたが、残念ながらどれも私が期待するような効果はありませんでした。

歯医者にも虫歯治療で定期的に通っていますが、この虫歯が口臭の原因になる可能性があるのか聞いてみた所、どうやら違うようでした。

同じく口臭の原因になると言われる歯周病も調べてもらいましたが、歯周病ではないとの事。
なら専門の口臭外来にも通ってみれば、と色々調べましたが、病院がどこも遠方の上ほとんどが保険適用外との事で料金が高い。(私が調べたところは初回の費用が初診料含め4万円以上でした。)

それも一度だけじゃなくずっと通院が必要との事で、現状経済的に余裕がないのでこちらは当分通えそうもありません。

口臭が原因でコミュニケーションが億劫に

現在35歳になりコールセンターでオペーレーター業務をしていますが上司に指示を仰ぐ為に近くで話す事が結構あるので、いつもマスクをしています。

夏場は暑いし、ゴム紐の部分が耳に擦れて痛いので出来ればしたくありませんが、やはり外して話すのは怖いです。

しかも口臭を気にするあまり、コミュニケーションを取るのが億劫になってしまい必要最低限の事しか会社では話していません。

仕事以外の事も、もっと色々話したいなぁ、と思っても臭いと思われたら嫌だ、不快にさせたらどうしようという不安が邪魔して結局声がかけられず。

お昼休みも基本はずっと一人でいます。もう慣れてしまった部分もあるんですが、周りが楽しそうに話をしながらお昼ごはんを食べているのを見るとやっぱり少し悲しくなります。

そんな私が今のところ一番効果がある、というかマシだと思えるのがやはり毎日のケアを丁寧に時間をかける事でした。

歯医者さんで教わった歯磨き5分、舌磨きの後にマウスウォッシュでゆすぎ、仕上げは歯間ブラシ、出掛ける前はブレスケアが日常ケアのフルコースです。

あと使用する歯磨き粉やマウスウォッシュの種類も自分に合う、合わないがあって同じ手順でケアしても効果が違いました。

ちなみに今、使っているのが歯磨き粉はピュオーラ、マウスウォッシュがコンクールFです。
匂いがどうしても気になって継続購入はしていませんが、美息美人も比較的効果はあったと思います。

ここまでやっても体調によってはすぐ臭くなる事もありますが、やらない時よりは明らかにマシだと言えます。

いつになったら口臭を気にせず思いっきり話したり出来るのか、そもそも口臭の原因が何なのか、何が悪かったのか、考え出すとかなり落ち込んでしまう事もありますが、もうこれは持病の一つだと考えて気長に向き合っていこうと思っています。